行政書士資格

行政書士の基礎知識

就職・転職に強い行政書士!実績の通信講座で資格試験合格!

行政書士の業務

 行政書士の業務は、およそ次の二つに分かれます。

法定業務
 ┗行政書士法に明示された業務
法定外業務
 ┗行政書士法に明示されていない業務

 法定業務では、行政書士の独占業務である「官公署提出書類・権利義務の書類・事実証明の書面・実地調査の図面類」など書類作成等において、資格を有していないものが営むことができません。

 また法定外業務では、官公庁に提出する書類の代理作成や提出等は非独占業務であるため、資格を有してなくても業務を行うことができます。

 これらはいずれも行政書士法により規定があり、また弁護士法などの関連法でも一定の縛りがあります。


高難易度の行政書士資格も通信講座なら効率よく学べます!まずは無料資料請求から!

就職・転職に役立つ行政書士資格講座



TOPページ行政書士資格TOP
次ページ次ページ
前ページ前ページ

Copyright(C) 2010
行政書士の資格取得!試験難易度・通信講座