行政書士資格

行政書士試験

就職・転職に強い行政書士!実績の通信講座で資格試験合格!

行政書士になれる資格

 行政書士になるには、国家試験である「行政書士試験」に合格する必要がありますが、それ以外にも行政書士法に定める資格を有する場合には、無試験で行政書士の業務を行うことができます。

 行政書士の業務を行えるのは下記の資格に限られています。

弁護士・公認会計士・税理士・弁理士の資格を有する者。
行政事務に従事している公務員で20年(高卒・大卒では17年)以上務めた者。

 意外なのは、公務員を20年以上務めて行政書士の資格を得られるという点ですが、ここには厳格な要件が求められています。

 上記にある「行政事務」とは、行政機関・立法機関・司法機関の権限に属する事務などが含まれていますが、いずれにおいても「文書の立案作成・審査等に関連する事務」に関連する事務である事が求められています。


高難易度の行政書士資格も通信講座なら効率よく学べます!まずは無料資料請求から!

就職・転職に役立つ行政書士資格講座



TOPページ行政書士資格TOP
次ページ次ページ
前ページ前ページ

Copyright(C) 2010
行政書士の資格取得!試験難易度・通信講座


[PR] 転職 求人/ FX/ 婚活/