行政書士資格

行政書士の仕事内容

就職・転職に強い行政書士!実績の通信講座で資格試験合格!

相談業務

 相談業務とは、書類作成に関して相談を受けた際に、それを業務として行うことが認められている法定業務を指します。

 官公署に提出する書類は、行政書士が取り扱う範囲だけでも2万種類以上あるとも言われており、それらを個人や法人であっても容易に選択して作成することは困難であるといえます。

 個人からの相談であれば遺言書や相続などの手続きの相談に乗り、また法人の場合は企業経営や法務相談などのコンサルタントとしての業務を行う場合もあります。

 近年の行政書士事務所では、社会保険労務士など他の士業と合同で事務所を営んでいるケースが多く、特に企業に対する包括的なコンサルタント業務を売りにしている事務所も数多く見受けられます。

 また身近な法律相談所といった一面もあるため、弁護士などとは違い敷居も低く、気軽に相談することができます。


高難易度の行政書士資格も通信講座なら効率よく学べます!まずは無料資料請求から!

就職・転職に役立つ行政書士資格講座



TOPページ行政書士資格TOP
次ページ次ページ
前ページ前ページ

Copyright(C) 2010
行政書士の資格取得!試験難易度・通信講座